内視鏡検査とは

  内視鏡とは「体の内部を見る鏡」という意味です。
胃に超小型カメラを入れて撮影する胃カメラが日本で発明されて、早期胃癌を発見できるようになりました。
今では光ファイバーを使用したファイバースコープか、非常に小さいテレビカメラを組み込んだ電子内視鏡を 用います。
胃の内視鏡では、食道、胃および十二指腸の−部を観察します。
  胃の運動を止める薬を注射したあとで(省略することもあります)、胃のなかの泡を消す薬を飲んでいただき、 のどの麻酔を行います。内視鏡は9mm前後の太さがあります。
太いものを呑んだような気持ちがしますが、 普通に呼吸ができますからあわてないでください。検査時間は10分間くらいです。

● 生検(胃の粘膜からごく小さな組織をつまみ出す)することがあります。
  眼で見ただけで診断が決めかねるときに、胃粘膜から細胞を採って顕微鏡で調べます。
痛くはありませんが、2mmくらいの小さい傷ができます。
すぐに治りますが、2〜3日は刺激物は避けてください。

● 色素液をまくことがあります。
  食道や胃粘膜の細かい変化を観察するために、色素液をまくことが
あります。
あとで尿や便に色が付いたり、胸やけが残ることがあります。

● 検査が終わった後で。
●のどの麻酔がとれるまでは食事をしないでください。
●胃を膨らますために入れた空気が腸に残るので、「お腹が張った感じ」や
  「鈍い痛み」があるかもしれません。
  体を動かしているうちに下からガス(おなら)が出れば治ります。
●注射をした方は、排尿が少し困難になったり、
  多少まぶしいことがあります。
●静脈注射をした方は、1〜2時間は車の運転はしないでください。

医師や看護師から、検査後の注意事項をお話します。
おわかりにならないことがありましたら、遠慮なくお尋ねください。
ひどい痛みがあったり黒い便が出たりしたときには、来院するか連絡してください。


● 検査結果を必ず聞きに来てください。
大切な検査です。結果を必ず確認してください。